大阪の葬儀について知っておきたいこと

CALENDAR

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

葬儀にまつわる色

長い人生の中で、親族や知人、友人の葬儀に参列したり、執り行うことは避けられない行事です。ここでは、大阪の葬儀について知っておくと助かるポイントを紹介します。まず、大阪は全国的に見ても、公営の葬儀場と火葬場が多くあることで知られています。正月以外は開いているところが多いのも特徴です。
しかし友引の日には、棺の中に友の代わりに「いちま人形」と呼ばれる人形を入れる風習があります。精進料理にも特徴があります。豆腐や厚揚げは通常は四角に切りますが、大阪では三角に切ります。「逆さ事」と呼ばれるものの一種で、普段と違う切り方で非日常を表し、死と生の世界を切り分けるという意味があります。
大阪の葬儀に参列する時は、供花だけでなく樒塔を出すことがあります。樒塔は全国的にもよく見られますが、関西圏はこの数がかなり多いことで有名です。他にも、鳥や魚を逃す「放生(ほうじょう)」という儀式が行われる場合もあります。気をつけたいのは香典袋の水引です。全国的には黒白が使われますが、大阪をはじめ関西圏の葬儀では黄白が使われることがあります。香典袋には黒白、お布施には黄白の水引、と決まっているお家やお寺もあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

的確な判断

突然大阪の親戚や知人が亡くなられた時、どういう判断をすればいいか困ってしまいます。病院に駆けつけて、あるいは自宅で息を引き取られてなど様々なシチュエーションが考えられます。そこで次に行動すべきなのが、大阪の葬儀屋への連絡です。
大阪には数多くの葬儀屋が存在します。亡くなられる時は急で、依頼する葬儀屋を吟味する時間なんて無いかと思います。なので、大阪の葬儀屋を選ぶ際には365日、24時間対応が可能な葬儀屋がおすすめです。余命が分かっている人なんていません。葬儀はいつだって急なものです。だからこそ迅速な対応が求められます。死に備えて準備しているなんてのも、故人に対して失礼にも値します。事前の準備が難しいのが、葬儀と言っても過言ではありません。
遺族の気持ちの整理なども難しい点なので、一から十まで動けるプロの葬儀屋に任せることが重要です。葬儀に必要なもの、葬儀の式場探し、遺族のケア、お墓探し、葬儀の流れ、供養なども安心して任せられる大阪の葬儀屋を探しましょう。葬儀がグダグダになってしまうと、亡くなった方にも顔向けできませんし、気持ち良く天国へお見送りができません。故人が安心して幸せに旅立てるような葬儀にしましょう。

Copyright(C)2017 安心して任せられる大阪の葬儀屋について知っておくべきこと All Rights Reserved.