株で儲ける方法を調べる|株式投資の特徴を知る

リスクがつきもの

お金

リスクを軽減させる運用

資産運用を始めるにあたって一番懸念する事項はリスクです。損をすることによって元本が目減りする事は資産運用でできる限り避けたいものです。しかし世の中の投資商品はリスクが少なければリターンも少なく、リスクを大きくとればそれだけ大きなリターンを狙うことが可能になります。株式や為替取引などはハイリスクハイリターンの商品となりますが、投資商品の中には元本保証をするものもあります。銀行や郵便局に預ける普通預金や定期預金は元本保証となります。しかし利率は年利でも0.02パーセント程度しかつかなく、物価上昇を加味すると元本割れをしているのと同じような傾向になってしまいます。1000万円まで保護される点も魅力です。

物価上昇よりも低い

少し利率が高くなる商品が国債です。これも倒産リスクもなく安定した運用をすることができますが、長期間預けることが条件となっています。金利は年利で0.27パーセント程度ですが、普通預金や定期預金よりは高くなっています。地方債はさらに高く、0.5パーセント程度の金利が付きます。しかし途中換金すると元本割れを起こす可能性があることを懸念しておかなければなりません。社債は倒産というリスクがありますが、1パーセント以上の金利を期待できます。元本保証する資産運用は年利で2パーセントに満たないのです。年間2パーセントの物価上昇が実現すれば元本割れをしているのと変わらない状態になるため、資産運用では元本保証よりもローリスクの商品を狙うのがおすすめです。