大阪の葬儀ならではの特徴は風習

CALENDAR

2018年7月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

葬儀の風習

大阪は大都会故か公営の火葬場や葬儀場といったものがかなり多く存在しています。各市に市営の斎場があるなど充実しています。またその他にも社葬といった大規模な葬儀を執り行う場合でも専用の式場があり、その辺の心配はありません。正月は休みだったりしますが他の地区では休みになっている事がほとんどの友引の場合でも大阪の火葬場は営業している事が多いです。
実は骨壷の大きさにも地域差があります。例えば関東の場合は骨を全て骨壷に収めるのですが、関西の場合は全ての骨を収めません。その違いからか関西の骨壷は関東の骨壷よりも小さいです。先程も述べた通り大阪は友引の場合でも火葬場が開いています。友引は友をあの世まで一緒に連れていってしまうといった事から全国的に葬儀を避ける事が多くなったのですが、大阪の場合は「いちま人形」というものを棺に納めます。
これは友引であの世に連れて行かれる友の代わりにこの人形を使っていると言われています。また、大阪独自のものとして逆さ事というのがあります。これは非日常である死の世界と普段の日常の世界を切り離すという意味があります。納棺の時に服を上下逆さまに掛けたり、大盛りのご飯にお箸を突き刺す、精進料理の高野豆腐を三角に切るなどというものがあります。このように大阪にも独自の葬儀の風習がたくさんあります。

どのスタイルにするか

以前は親族や友人、近所の人などを呼んで行う一般葬と呼ばれる葬儀のスタイルが主流でしたが、最近は一般葬に代わって家族葬や直葬と呼ばれるものが多くなってきました。
大阪でもそれは同じです。家族葬とは親族だけや、故人と本当に親しかった人だけを呼んで行う葬儀のスタイルです。ゆったりと故人との最後の時間を過ごしたい人という人が増えてきたようです。大阪ではマンション住まいの人も多い為、ご近所付き合いなどが以前よりも減ってきたことも影響しているかもしれません。また、葬儀にかかる費用も一般葬に比べるとかなり抑えることができる為、そういった理由で家族葬を選ぶ人も多いようです。
直葬とは、通夜や葬式などを行わず、火葬のみというスタイルで、故人が独り身の場合や知人がいないような場合に多く行われています。また、家族葬よりも更に費用がかからないことから、経済的理由で直葬を選ぶ人もいるようです。このように大阪でも色々な葬儀のスタイルがありますが、どのようなスタイルであっても故人を偲ぶ気持ちは同じですよね。自分が亡くなった場合にはどのような葬儀にして欲しいか、元気なうちに家族と話をしておくというのも大事なことなのかもしれません。

Copyright(C)2017 安心して任せられる大阪の葬儀屋について知っておくべきこと All Rights Reserved.