現役のアニメーターがお仕事とお給料を教えます

アニメーター

日本の大人気文化であるアニメに欠かせない存在であるアニメーターという仕事。昨今、注目を浴びている職業であるアニメーターは、特に若者の間でなりたい!と目指している人が多く見受けられます。アニメーターになるためには独学という方法もありますが、多くの人はアニメーターの専門学校へ通い、ある程度腕を磨きます。晴れてアニメーターになってからはさまざまな仕事があります。動画、原画、セルの修正といった映画やテレビでの仕事、さらにネット動画や短編制作・DVD作品の作成などです。プロダクションや製作会社で、原画や鉛筆・電子媒体を使っての動画制作、作画監督のいる制作会社でセル作画など行います。これは、とても簡単に書きましたが実際はもっと細かく仕事が分かれています。では、具体的にどのような仕事があるのでしょうか。説明していきましょう。

アニメーターの具体的な仕事の流れ

まず基本的なことを書きますが、アニメーターは、キャラクターの動作や変わりゆく背景を1枚の絵に描く仕事です。アニメを完成して視聴者に見てもらうようになるまでには、企画からシナリオ、仕上げ、撮影などいくつかの段階がありますが、アニメーターは「作画」の部分を主に担当しています。作画の際には、シナリオに沿う絵を指示された通りに描いていきます。また、絵には「原画」と「動画」があります。原画とはアニメーションの動きの中で軸となる絵、動画は原画・原画の間に挟む絵を指します。現場は、原画を描く原画マンと動画を描く動画マンがいます。新人はまずこの動画から担当することが普通です。そこからさらに多くの経験を積んでいくと、原画や他の仕事を任されていきます。まずは経験を積んでいくことが大切です。

アニメーターの給料の相場はどのくらいか?

アニメーターの仕事についてここまで説明してきました。では、アニメーターの給料はどのくらいが相場でしょうか?説明していきましょう。まずアニメーターの賃金は、固定給が基本的にありません。ほとんど、完全歩合制です。そのため、絵のレベルで得られる賃金の額は異なります。先程の動画担当として働き始めの新人で、月5~6万円、年収にすると100万円程度のケースもありますし、年収1000万円単位のプロカリスマアニメーターもいます。結論を言うと収入は一人ひとりの画力次第です。完全実力主義の職業ですが、経験を積み実力があると高い収入も望めます。強い気持ちがないと、なかなか続けられないと思いますが、絵を描くことが好きで、絶対に仕事にしたい!という強い意志がある人は挑戦してみる価値はありそうです。