夢や憧れを持ったアニメーターになろう

アニメーター

アニメーターは、アニメのキャラクターや背景といったさまざまな動きを1枚ずつ絵に描く仕事です。日本のアニメは世界的にも有名で、アニメに係る仕事をしたいと考える方は年々増えてきています。アニメーションを作る工程は企画、シナリオや仕上げ撮影などさまざまな分野に分かれています。アニメーターはその中の作画と言われる部分を担当します。アニメの中でキャラクターが動くシーンなどの原画や動画を描くわけですから、アニメを作る中でもメインに近い仕事と言えます。そんなアニメーターを目指したいと夢や憧れを抱いている方は多くいます。アニメーターになるためには何か資格が必要かというと、そのようなものは必要ではありません。アニメーターに大切なのは、動画や原画を描くための絵のデッサン力に尽きます。

アニメーターを目指すならデッサン力は必須

アニメーターを目指すために必要な大きなスキルポイントは、デッサン力です。与えられたシナリオやキャラクターに沿って原画や動画を絵に描き起こすわけですから、一番無くてはならないスキルと言えます。アニメを作成する中で、いきなり原画を任されるということはあまりありません。まずは原画と原画の間に挟み込む動画を作ることから始めます。原画だけでは荒々しく見えてしまうアニメの動きを、動画を間に挟み込むことによって滑らかな動きにしていくわけです。アニメを作る中でもちろん重要な役割であることは間違いありません、メインである原画を描くためには動画をしっかりと書けるようになる必要があります。そこでデッサン力が必要になってくるというわけです。デッサン力が無ければ絵は描けませんので、当然のスキルと言えます。

アニメーターを目指すために学校へ通おう

絵のスキルは、勉強すればある程度上がってきます。独学で学んで現場で動画を描きながら上達していくという方もいらっしゃいますが、多くの方は学生のうちにアニメーターを目指すための学校で勉強をしてくるわけです。たとえば、美術大学です。美術大学で絵の勉強をしっかりとしておけば、いきなり入社するよりははるかに良い仕事を任せてもらえます。また、独学ではなかなか得ることができない基礎がしっかりと勉強できます。早い段階でアニメーターを目指すことを決めたのなら、そういった絵が学べる大学や専門学校に進路を定めことがおすすめです。アニメーターの給料はすごく高いわけではありません。平均年収で332万円から400万円以下の方が多い中で、いかに給料を上げていけるのかを考えるとやはり売れっ子アニメーターになるということが大切と言えます。