アニメーターについてのお話を始めます

アニメーター

アニメーターとは、アニメ制作の専門職のことで、一般的には動画担当と原画担当とあります。まず、ポイントとなる原画と原画の間の動きをつけるための中割を作成するのが動画担当の仕事です。生き生きと動くアニメ動画の原画と原画の間を自然な動きにする為にミリ以下の単位で絵を動かす綿密な仕事で欠かせない工程です。次にアニメの動きの中でキーポーズとなる絵を作成するのが原画担当の仕事です。現在、原画は第一原画・第二原画と振り分けることが多くなっています。ラフに書かれた絵コンテがアニメの絵の作成の元となります。第一原画は絵コンテの絵より、より具体的にキャラクター場面の配置やアングルを決めて、背景などの画面のレイアウトを描きます。第二原画はレイアウトを元に作成し、原画と原画をつなぐ為の絵が何枚必要かも決めます。

アニメーターになるための方法と給料について

アニメーションを制作する工程の中で、作画を手掛ける人の事をアニメーターと呼びます。専門性の高い職種なので、美大や専門学校などで基本的なことを身に着けておくとよいでしょう。アニメーションの政策の専門学校では、より実践的なことが学べます。アニメーターの給料の基本は歩合制です。雇用形態が契約社員や正社員でない限りは固定給をもらえることは珍しく、こなした仕事の報酬といった形で収入を得ます。テレビ作品の動画は1枚150円~250円程度で、原画は1枚2,000円~2,500円程度が一般的な価格です。給料を稼ぐためには、大量に絵を描く必要があります。誰でも1日の作業量には限界があるので、新人さんは頑張っても月に10万円程度しか稼げない人も多いですが、経験を積んで原画制作や作画監督の仕事ができるようになれば少しずつ収入が上がります。

アニメーターの仕事の現状と給料面

アニメーターの多くは、有名クリエーターを目指す人が多いが、成功して独立まで行ける人はほんの一握りです。ほとんどのアニメーターが契約社員やフリーランスで正社員でないので健康保険や厚生年金などの福利厚生がありません。新人アニメーターの担当する作業は、低単価の動画である会社が多いが、原画から育成する方針の会社もあります。動画担当の新人アニメーターは多くの方が契約社員です。労働環境と収入の面の問題から1年間で90%の人が辞めていく状態であります。以前は1000枚ほど生産していた動画アニメーターですが、現在はパソコンにスキャンして彩色するので線をきれいに書かなければいけません。視聴者から求められる作画レベルが上がり、1人で多くの枚数を生産しにくい。原画の場合は1枚ではなく、1カットの単価になるので、責任者である作画監督となれば1話当たりの単価が30~40万になると言われています。